過払い金請求の手続きをする

ビル

過払い金請求を考えているという人は、なるべく早めに手続きを行うのがおすすめです。
過払い金請求には時効の壁があるからです。
最後に貸金業者と取引をした日から10年が経過した時点で時効が成立してしまい、手続きが行えなくなってしまうからです。
ですので、貸金業者との取引履歴の日付をきちんと確認して余裕を持って早めに手続きを行う必要があります。
そのためにまず最初にすべきことは、法律事務所の弁護士に相談を申し込むということです。
話をスムーズに進めるために、現在の債務状況がわかる書類を全て持参して今の生活状況なども含めて全て正直に弁護士に相談しましょう。
相談が終了して手続きを依頼することが決まったら契約をして過払い金請求の手続き開始となります。
過払い金返還請求書を貸金業者に送付し、電話や文書で交渉を進めていきます。
訴訟に移行して長期戦となることもありますが、妥協せずに和解に向けて積極的に取り組むことが大切です。