裁判と和解と調停の違いについて

ビル

日常生活でトラブルがある場合は、どのように解決すればいいのでしょうか。
どのようなトラブルであるかによっても多少違いがありますが、解決方法としてはまず訴訟、いわゆる裁判があります。
この場合はまず法律事務所に相談して、弁護士に代理人になってもらい、手続きを行います。
裁判の場合は判決が出され、それに不満がある場合は上告ができますが、費用や時間がかかります。
もし判決が出なくても、双方の合意により解決できそうな場合には、和解が行われます。
これには裁判上のものと裁判外のものとがあり、裁判外のもののことを示談と呼びます。
合意に達すると、和解調書を作ってもらえます。
訴訟を起こす前であっても、和解することは可能です。
またそれ以外に、裁判によらずに合意する方法として、調停があります。
調停の場合は調停委員会が設けられ、合意に達すると調停調書を作ってもらえます。
訴訟に持ち込むほどのものでないトラブルは、この調停で十分対応できることもあります。