和解は日本人にあっている

ビル

新聞やテレビなどで「和解が成立しました」と見たり聞いたりすることが、あると思います。
この意味として法律では「当事者がお互いに譲歩し、争いを止める合意をすること」と定義されています。
簡単にいうと、お互いの主張に折り合いをつけて、争うのをやめるということです。
和解には、裁判外と裁判上の2種類の仕方があります。
裁判外では、当事者同士が話し合って争いをおさめることです。
裁判上では、裁判官の前で争わないとを約束することから、公平性が確保できるといった特徴があります。
当事者がお互いに争いをおさめるメリットは、裁判を早く終わらせることができることや、判決で白黒つけるよりも話し合ったほうが、周りからの印象が良いといったことがあげられます。
昔から日本人は、和を重んじる気質があり、争わずに相手に察してもらったり、無難な対応をすることが少なくありません。
和解という選択は、互いの価値観を尊重することのできる私たち日本人にあっているといえます。